WowSokb情報


キム・テフンが新大久保の「SHOWBOX」にてLIVE開催前、インタビューをさせていただいた。 テフンファンはもちろん、K-POPを愛する人たち、そしてアーティストを目指す人たちにも是非ご一読いただきたい貴重なお話を伺うことが出来た。




◆現在のような音楽の世界に本格的に入ったきっかけは何でしたか?

高校2年生くらいの時は 音楽の世界と運動の世界のどちらをとるか悩んだ時期もありましたが、高校3年の時、一緒に運動をしていた仲間のひとりが水の事故で亡くなってしまったのをきっかけに、自然と音楽の世界にいくようになりました。

もし彼が生きていたら、音楽ではなく運動を選んでいたかもしれません。

◆プロとして音楽をやっていこうと思ったのはいつ頃でしょう?

高校3年の冬休みに先輩たちから 当時 韓国でブームだったヘヴィメタルバンドのヴォーカルオーディションがあるから受けてみたら?と言われ、受けてみたところ一発で合格しました。

私は当時まだまだ子供で、そのグループがどんな感じなのか よくわからないまま加入したのですが、新ヴォーカリストが入ったのだからアルバムをまず作ろうと言っても 新曲も作らずコンサートをやるばかりでした。

当時はギタリストが ヴォーカルより前に出て来る時代で、1曲の中にギターソロが10分近く あったり…(笑) 私は経験不足だったので、そんな時はどうすればいいかもわからず、ギターに合わせて ただ頭を振る(※ヘッドバンキング)ことしか出来なかったのですが、やりながら だんだん なんだかこれは違うと感じはじめて…。

本当に自分が好きなものは なんだろうと考え、そのバンドを辞めて、今度はアコースティックギターを使って歌うフォークソングをやっている人たちに色々教えてもらったり、ダンスミュージックをやっているバンドに入ってみたり、ソウルミュージックをやっているグループに入ってみたり…。 

色んなことをやってみました(笑) あれこれ色々やったので、これが好きっていうものが無くて、逆に全部なんでも好きって思うようになってしまいましたね(笑)
1つだけ出来ないのが 韓国のトロット(※日本の演歌のようなジャンル)ですね。これだけはやったことがないんです。


つづき>




戻る
この内容を友達に送信
画面トップへ
WOW新大久保トップへ

韓国ドラマならwowKorea
KPOP情報ならwowKpop
(C)AISE Inc.