新大久保フラッシュ!


【イベントレポ】「2MAX」、日本に1ヶ月間滞在しライブ開催中「いい思い出を韓国に持って帰りたい」

韓国最新情報画像
<拡大>

[1]  [2]  [3]  [4] 
 
去る19日、新宿・COCOHALLにて韓国の実力派グループ「2MAX(TWO MAX)」が単独コンサートを開催した。なお、「2MAX」は10月31日〜11月27日までの約1ヵ月間、日本に滞在しながらライブを中心に活動を展開している。

「2MAX」はシン・ミンチョル(36)とパク・ユンファ(31)から成る男性デュオだ。もともとは、主に俳優として活動中のキム・ジュン(32)を含む3人組(T-MAX)だったが、現在は2人で活動している。韓国版「花より男子〜Boys Over Flowers」のオリジナル・サウンド・トラック(OST)を歌ったことでも有名だ。日本でも数回に渡って公演等をおこなっており、熱狂的ファンも多数存在する。



この日の第1部はミンチョルの「きょうも大好き」の掛け声から公演がスタートした。「Say yes」、「心苦しくさせられる」、「それが君だから」、「君が泣く」、「心がどうにかなってしまった」とミディアムテンポ、バラードナンバーを立て続けに披露し、バックスクリーンの模様や照明で雰囲気を変えながら、幻想的なステージを進行した。2人のハーモニーは韓国歌謡界の中でもずば抜けている。ミンチョルの力強い音色とユンファの甘い声にファンは酔いしれた。

続いてはそれぞれの魅力が引き立つソロステージへ。ユンファは「涙が枯れる」と先輩歌手シン・スンフン(48)の名曲「I believe」(映画「猟奇的な彼女」OST/2001)を特有の甘美な声でしっとりと聴かせ、観客の心を掴んだ。

次にミンチョルによるパフォーマンスにバトンタッチし、まずは爆笑の“初恋”エピソードから披露。高校からニュージーランドへの留学が決定していた中学3年生のころ、思いを寄せていた女の子がノースリーブ姿で手を振っているのを見て脇下に“黒いもの”を発見、「とても苦い恋となった」と暴露し会場を爆笑の渦に包んだ。

そんな“悲しい初恋”から一転、その後、ニュージーランドに渡ったミンチョルは、現地で日韓ハーフの女性に出会ったそうだ。彼よりも先に留学していた彼女はさまざまな面で助けてくれたという。ある日、誕生日だった彼女に“歌”をプレゼントすることに。その際に耳元で歌ったという「1994年ある遅い夜」(原曲:チョン・ヘジン)をアカペラで語りかけるように熱唱した。この曲は別れの内容にも関わらず、その後交際に発展したということだ。ミンチョルは、「皆さんにもそういう思い出に残る物や物事があるはず」と語りながら、過去を共有した。

次に披露したのは「in my dream(夢に)」。この楽曲にも珍エピソードがあった。タイトルにもある“夢”、ミンチョルは「自身の夢に出てくる人物は皆、裸」と打ち明け、またまた観客を大爆笑させた。



2人はトークの掛け合いも絶妙だ。終始、笑いを誘いながら息の合った姿を見せた。ライブには欠かせない水。水は会場ごとに味が異なるようで、観客の反応が良ければ良いほど美味しく感じるらしい。2人は「きょうの水は最高」とファンの歓声に感謝の意を示した。

公演後半はアップテンポの曲にチェンジし、「虫歯」、「のぞむ」、「告白します」で会場を盛り上げ、ファンも一同スタンディングで彼らと一緒に音楽を楽しんだ。アンコールではドラマ「花男」の「パラダイス」、「キレイだね」、「Summer time」といった彼らの代表曲を披露し、成功裏に幕を閉じた。

「ファンと一緒の時間が幸せ」と語る2人。「ライブではミスは付き物だが、ベストを尽くしたステージを見せたい。いつも皆に会える2MAXになる」と次回への期待感を漂わせた。そして、「2MAX」のニューアルバムとソロアルバムを準備中であることを明かした。

公演終了後には、撮影会とサイン会がおこなわれ、退場する際にはハグでのお見送りでファンとの交流を深めた。

今回のラスト公演は今月27日、同会場(COCOHALL)にて(13:00、18:00の2回公演)おこなわれる。「T-MAX」からスタートして約9年。紆余曲折を重ねながら日本活動も精力的におこない、ファンとコミュニケーションを図ってきた。「最終日は満席にして、いい思い出を作って(韓国に)帰りたい」と伝えた。

<コンサートのようす>

















戻る
この内容を友達に送信
画面トップへ
WOW新大久保トップへ

韓国ドラマならwowKorea
KPOP情報ならwowKpop
(C)AISE Inc.