新大久保フラッシュ!


【公演レポ】「TARGET」、日本初ショーケースでオリジナル曲を初披露

韓国最新情報画像
<拡大>

[1]  [2]  [3]  [4] 
 
韓国デビューを控えて、昨年から東京・新大久保SHOW BOXでの活動をスタートさせた7人組ボーイズグループ「TARGET」。スルチャン、ヒョン、バウン、ゼス、ジアイ、ロイ、ウジンの7人で構成され、「防弾少年団」や「EXO」など、韓国の人気グループの最新ヒットナンバー披露、キレの良いダンスと力強いボーカルで人気を集めている。そんな彼らが4月9日(日)、東京・さくらホールで日本初のショーケースを開催した。ここでついに完成した彼らの最初のオリジナル曲「Tempest」を初めて披露する場ということも予告されており、その姿を見ようと大勢のファンが詰めかけた。

 ショーケースは「SEVENTEEN」の「Pretty U」からスタート。7人がステージに登場すると、会場は色とりどりのペンライトで埋め尽くされ、「TARGET」は可愛らしさと力強さのあるダンス、そして爽やかな歌声で早くもステージを明るいエネルギーでいっぱいにした。

 黄色い歓声に迎えられた7人は、ファンと絶妙な掛け合いで自己紹介を行い、ゼスは「ホントに幸せです。大きいステージに立つことができて幸せです。ありがとうございます!僕たちは皆さんの声が聞きたいです。叫んでください皆さん!」と語りかけると会場を盛り上げた。続く「B.A.」Pのラブリーなナンバー「ハジマ(HAJIMA)」ではメンバーの手拍子にファンも合わせ、一体感を作った。可愛らしい雰囲気とは一転、今度は「防弾少年団」の「Not Today」で「TARGET」らしい男らしく熱いダンスで魅了した。

 ファンの大歓声にゼスは「本当に幸せです、ありがとうございます!ここは渋谷ですよね、渋谷であいうえお作文を作ってみましょうか」と提案。バウンは「知りたいことがあります。舞台で皆さんに話しても大丈夫ですか?“優男”彼氏になって大丈夫ですか?」と話してファンを喜ばせた。またリーダーのスルチャンは「幸せ、豚肉じゃなく牛肉買ってあげます!優しいゼスのお金で(笑)」と話すと、ゼスは「今はないけど…(笑)後で買ってあげます」と返し、会場の笑いを誘った。

 続くステージでは「防弾少年団」の「ホルモン戦争」を披露。「皆さん、叫べ〜!」というメンバーの呼びかけに再び会場は熱くなり、「GOT7」の「A」ではゼス、バウンを中心としたすがすがしいボーカル、またウジンのアクロバットまで見事にキマリ、会場を盛り上げた。次の曲は「セクシーな振り付けですよ」、「皆さん胸キュンに気をつけてくださいね」とのメンバーたちの予告にどんな曲がくるのかと思いきや、ピコ太郎の「PPAP」へ。音楽がかかると会場は笑いに包まれ、メンバーたちはノリノリで「TARGET」バージョンの「PPAP」を披露した。

 ここでメンバー一人ひとりの特技を披露する時間へ。スルチャンは「僕が愛しているの分かるでしょう?」、「君は僕のもの」など甘いセリフを韓国語で披露し、ファンを喜ばせた。アクロバットが得意なウジンはバク転を数回した後、さらに最後はバク宙で着地するという大技を見事に成功させ、ファンから大歓声を浴びた。ジアイも座った状態から逆立ちをして歩くという特技を見せ、会場からは「お〜!」と驚きの声が上がった。またヒョンは演技を披露するといい、メンバーからの「何を演技するの?」という質問に「ゾンビ」と即答。メンバーに突然襲いかかる怖いゾンビやかっこいいゾンビをユニークに披露し、会場を沸かした。ゼス、バウン、ロイは先輩の楽曲やステージを見せて7人7色の魅力をアピールした。

 ショーケースの後半は「EXO」の「LOVE ME RIGHT」、そしてタイトル通り燃えるような激しい「防弾少年団」の「FIRE」のステージで男性美溢れるダイナミックなダンスを披露すると、ファンの大きな掛け声が一層盛り上げ、会場の熱気も最高潮に達した。会場が熱くなったところでジアイは「次の曲は皆さんが本当に好きな曲です」と紹介し、大人気ガールズグループ「TWICE」の「TT」、「KNOCK KNOCK」も披露。メンバーの「一緒に!」の声にファンも一緒にダンス。そしてメンバーたちのキュートな笑顔とダンスにファンからは「かわいい!」の声が上がった。

 2曲を披露した後ゼスは「かわいかったですか?今はかわいかったですが、次は僕たちの曲をちゃんと見せます!掛け声知ってますか?」と話し、ついにこの日初披露となった「TARGET」の初のオリジナル曲「Tempest」のステージを公開した。離れていく恋人をあきらめられない男の心情を力強いダンスとパワフルなボーカルで表現、サビで何度か腹筋を見せるシーンではその度に黄色い歓声が会場に響いた。初披露だったのにも関わらずファンは大きなかけ声で応援し、「TARGET」もそれに応えるように一層熱のこもったステージを届けた。また、同曲の作曲は「INFINITE」や「KARA」の作曲を手掛けたプロデューサーが担当し、作詞をウジン、ジアイが担当したことも伝えた。

 ショーケースの終盤にはメンバーがファンとの約束を宣言した。バウンは「僕たちはデビューしてもずっと皆さんの傍にいるから、皆さんも約束してください」、ジアイは「僕たちが作詞、作曲、振付をした新しい曲を見せます!」、ヒョンは「皆さんと一緒に過ごすファンミーティングをします」、スルチャンは「もっと大きなステージに立ちます。Zeppツアーもやりたいです」、ロイは「僕たちの最初の活動が日本でしたから、それを絶対忘れないですし、もっと大きなグループになって皆さんに恩返しします!」とファンへの愛を見せた。

 最後の「Balloons(風船)」ではステージの前方に出てファンを見つめながら笑顔で歌い、全員でハートマークを作り「愛してる!」とファンへ愛を伝えた。ラストはファンと共に「『TARGET』、デビュー、ファイティン!」と声を合わせてショーケースは終了した。

 会場にかけつけた多くのファンの熱気から、彼らへの期待と注目の高さがうかがわれた。初のオリジナル曲を発表した彼らは、デビューへまた一歩近づいた。デビューに向かって着実に成長している彼らの活動に今後も注目だ。







戻る
この内容を友達に送信
画面トップへ
WOW新大久保トップへ

韓国ドラマならwowKorea
KPOP情報ならwowKpop
(C)AISE Inc.