韓国料理レシピ


< コッチョリキムチ >

生キムチ(コッチョリキムチ)は熟成させないキムチのことです。
味付けをして熟成させず、そのまま食べれます。熟成させないことにより、酸っぱさがないので、酸っぱいキムチが苦手な方にはお勧めです。そして味付けも少し甘めなので、食べやすいと思います。ごま油を使用するので和えものに近い感じかもしれません。  
一般的な材料
・白菜    
・牡蠣     
・長ネギ   
・ミニネギ 
 
・生キムチの素 
 −粉唐辛子   
 −砂糖       
 −ニンニク    
 −生姜     
 −イワシのエキスかアミの塩辛  
 −醤油       
 −ゴマ油   
 −ゴマ
 
コッチョリキムチの作り方
@まず野菜を切ります。
・白菜は長さ5cm、幅1cm
・長ネギは斜め輪切り
・ミニネギは3〜4cm に切ります。

A白菜を塩水に浸ける。
・切った白菜を洗って塩水に浸けます。
・白菜が浮かないように重しをして六時間を目安に置いて下さい。
(夜浸けておいて翌日に洗う場合は塩の量を20%減らして下さい。)

B6時間が経ったら浸けておいた白菜を洗います。
この時必ず味見をして塩辛くないか確認しましょう。
もし、塩辛かった場合は少し水を流してから、。水気が抜けるようにざるに上げておきます。

C牡蠣を塩水で洗い、洗ったらざるに上げておきます。

D和えます。
・ボールに材料を全部入れて生キムチの素で和えていきます。
この時、牡蠣は崩れないように後で入れて下さい。
味見をして最後の味の調整をしてゴマ油を入れて出来上がりです。

 
コッチョリキムチとは
コッチョリは、漬けた後すぐに食べることが出来るキムチで、爽やかな白菜の味が絶品です。
一般的にコッチョリは、オルガリ白菜(晩秋や初冬に植える白菜)を主に使用します。薄いオルガリ白菜をきれいに整えて4?5センチの長さに切り、塩水に漬けます。1時間ほどしたら、きれいな水で優しく手洗いし、水気を切ります。赤唐辛子と青唐辛子は種を抜き、斜めに切っておき、フユネギはオルガリ白菜と同じ長さに切り、冷やした糯米粉の煮溶かし汁と赤唐辛子、ニンニク、砂糖、塩をミキサーにかけ、調味料を作ります。塩漬けにしたヨルム(大根の若菜)とオルガリ白菜にフユネギ、赤唐辛子、青唐辛子、調味料を入れ、軽く混ぜ合わせて盛りつけます。混ぜすぎると、青臭くなって味が落ちるので、注意が必要です。白菜以外にも、サンチュ・ニラ・たんぽぽ・ほうれん草など様々な野菜で作ることが出来ます。
特徴は、一般的なキムチとは異なりすぐに作り、すぐ食すことが出来るのに、味は他の発酵させたキムチの味と同じという点です。
キムチを食べ終わり、次のキムチがまだできていない時に食べることが多く、即席で作る料理なので、その時の気分に応じてごま油や塩・ごま、梨などを入れ、香ばしい風味をもつコッチョリへアレンジすることが可能です。特に、野菜の新鮮な味を楽しみたい時は、コッチョリは堂々とキムチの役割を果たしてくれます。また、焼肉との相性が非常に良く、キムチの酸味がカルビの味を損ねることなく、香ばしくさっぱりした味で、優れた脇役としての役割を立派に果たしています。
 
●キムチリスト
キムチ
きゅうりのキムチ
カクテキ
チョンガクキムチ
ポサムキムチ
ヤンベチュキムチ
水キムチ
トンチミ
 
肉料理
鍋・チゲ
スープ・タン
海鮮料理
ご飯
麺料理
副菜・粉食
 
豆知識一覧へ
 


戻る
この内容を友達に送信
画面トップへ
WOW新大久保トップへ

韓国ドラマならwowKorea
KPOP情報ならwowKpop
(C)AISE Inc.